胸を小さくする方法 バストダウン

バストの特集記事を書いていると、世の中の女性が耳を疑いたくなるような『胸を小さくする方法はありませんか?』など相談が来たりするものです。

胸は女性の一番のコンプレックスゾーンといわれていますから、大きな胸を小さくしたい!と思う女性がいても不思議なことではありませんよね?

今回は、そんな女性のために「胸を小さくする方法」を解説させていただきます。 少しでも大きい胸を小さくしたい!!というあなたは必見です!

ところで胸を小さくするには胸に筋肉を付ければOKと思い込んでいる女性がことのほか多いようです。

胸を小さくするために、胸付近(大胸筋)を鍛えてしまうと余計胸を支える土台が発達し、さらにバストサイズが大きくなってしまいます。

間違った知識で自己流のまま行うとかえって逆効果ということがありますから注意してください。

胸を小さくする方法

胸を小さくする方法を4つほどご紹介しますので自分に合う方法を見つけてください。

脂肪を落とす運動をする

胸を小さくする方法 バストダウン

これは全身のダイエットなのですが、体の脂肪を落とせばバストのサイズダウンができます。

一番効率がいい運動は「有酸素運動」です。 ウォーキング、ジョギングなどを普段から運動に取り込んで、全身の脂肪を落とすようにします。


ウォーキングしたり走ったりするとカラダの中の太い筋肉全てが動くようになります。 この筋肉を有酸素運動で動かすと、その周りにある脂肪が燃焼されます。

この太い筋肉は胸筋にも結びついているので、乳房にある脂肪も燃焼させることができるのです。直接胸筋を鍛えるわけではないので、胸筋が大きくなってしまうこともありません。


また 胸は上下に動かすだけでも脂肪が燃焼されるので痩せます。

一番簡単なのはその場でジャンプを連続して行うことです。
毎日1分程度でも連続でジャンプを行うと次第に胸が小さくなっていきます。

胸が大きくなる食べ物の摂取量を減らす

胸を小さくする方法 バストダウン



胸が大きくなる栄養素として知られているのが、イソフラボンです。

このイソフラボンは通常は女性にとって摂取をおすすめしている栄養素ですが、胸を小さくしたい方はなるべく避けるようにしましょう。

そのイソフラボンは、何に多く含まれているかというと大豆製品です。
大豆製品で普段食べているものを挙げると、味噌豆腐納豆などよく食べているものばかりですね。

けして食べてはいけない、というわけではありませんが、胸を小さくするにはなるべく摂取する量を少なくしてください。
3食必ずお味噌汁を食べているなら、1食はコンソメスープに変えてみるとか、豆腐も週に3回食べていたら1回に減らしてみるなど、なるべく摂取する量を減らしてみましょう。

ただしこれだけ行っても目に見えての効果はほとんどありません。他の方法と併行して行うことにより、より効果が上がります。

胸を動かすマッサージ

胸に付いた脂肪をじかに動かし燃焼させるマッサージです。
スポーツブラなどを身に付け、手の平で胸を下から上にポンポンと跳ね上げます。

胸をポン!と上に跳ね上げると、胸はその反動で勢いよく下に落ちてきます。
このように上下に30回ほど動かしてください。

上下が終わったら、次は左右に動かします。
両手で両胸を左右から挟み、胸を左右に揺らします。 この左右の動きも30回ほど行ってください。

毎日続けていくと胸の脂肪が燃焼し次第に胸が小さくなっていきます。

注意点としてはあまり激しく上下・左右に動かさないでください。
胸にはクーパー靭帯 というものがあり、胸と体を結びつけ胸が垂れるのを防いでくれています。

胸を激しく動かすとクーパー靭帯がプッツリ切れてしまう可能性があります。
あくまでも優しく動かすことを心掛けてください。

とにかく楽な方法で行いたい

毎日運動したり、マッサージしたり、食べ物を制限したりするのは大変なので嫌!という方におすすめな方法をご紹介します。

それは脂肪を燃焼させるクリームを使用することです。

胸が小さくなる方法 バストダウン



こちらのミネラルボディクリームは、お風呂上りに胸に塗るだけでクリームの効果で胸の脂肪が燃焼していきます。

このミネラルボディクリームは、胸だけに限らず脂肪がついて気になるところ全ての箇所に塗れますよ。

とにかく楽で簡単な方法がいいという方におすすめです。

>>ミネラルボディクリームの公式サイトへ